トイプードル ★あずき★ ~あなたの瞳に映るもの~
我が家の天使、トイプードル「あずき」 小さな体で小さな瞳、この瞳に映りこむ毎日を綴っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


毎日がんばってるよん★
「ちゃぼ」がお星様になって1ヶ月

早かったような・・・・・

長かったような・・・・・

「ちゃぼ」が生んでくれた「ゆめ」のお兄ちゃん「ビトン」君

ご近所に住んでいた「ビトン」君

5月15日・・・お星様になりました。

03830095_convert_20090601213502.jpg


「ちゃぼ」が亡くなって2週間後に息子の「ビトン」が・・・

0011_convert_20090601220305.jpg



この日を最後に離れ離れになった母息子

まるで母を追うように・・・・・

きっと母に会いたかったのかもしれません。

去年までお店の2件お隣だったので

元気にお散歩するビトンを毎日見ていました

母がお引越ししたからさみしかったのかな?



悲しいけど、おかぁさん「ちゃぼ」が

虹の橋のたもとまでお迎えに来てくれたと思っています。


そして生後半年で亡くなった愛娘「ひまわり」ちゃんと

03830096_convert_20090601213632.jpg


3人で楽しく寄り添い、遊んでくれてるといいなぁ~


残された「ゆめ」のこと・・・

心中いろいろありますが、


遺影のちゃぼの笑顔に救われてます★



さて、さて

ずーーっと1ヶ月近くお仕事に忙しかったのは

事務所の改装でした

私の勤めている会社はトータルリフォーム屋さん

開業して3年目だそうで、

思い切って事務所も綺麗に・・・・と

5月も後半、ようやく完成しました。

とっても広くなって

あずきもママも快適です

私とあずきのデスクをちょっぴり紹介しましょう


0004_convert_20090601214910.jpg


0006_convert_20090601215018.jpg


0005_convert_20090601214944.jpg



いつも寝んねしているお仕事に専念している「あずき」です

私のデスクの下に隠れてます(態度はデカイですが)


0002_convert_20090601214803.jpg




気持ちのよい光と風が入り・・・・

お仕事も楽しいような

0003_convert_20090601214839.jpg






社長さんのわんちゃんも遊びに来ます

今からトリミングだそうです。

0001_convert_20090601214712.jpg


居候の身で態度がデカイ「あずき」

「ゆめ」ちゃんごめんなさいね





昨年のブログにも出てきた

「いちご」

今年も赤くなりました

0007_convert_20090601215047.jpg



昨年のように「カラス」さんに奪われる前に

0008_convert_20090601215114.jpg



恒例行事になりそうな、

試食タイム

0009_convert_20090601215147.jpg


0020_convert_20090601220123.jpg


0021_convert_20090601220159.jpg


いつも、半分残すんだよな~


お仕事中にも・・・・・

0018_convert_20090601215432.jpg


0010_convert_20090601215225.jpg


0014_convert_20090601215305.jpg


0015_convert_20090601215344.jpg








やっぱり残した

もったいないなぁ

スーパーの1パックにも満たない数しか採れないのに

ママがちゃんと食べました

甘~~い




毎日忙しく過ごしている中

土日のお休みが楽しみで


昨日もみんなに遊んでもらいました。

IMG_3614_convert_20090601225336.jpg


IMG_3718_convert_20090601225443.jpg


IMG_3790_convert_20090601225533.jpg
ピンボケボケ~




くわしくは

わん・わん・わんこさーーーんおねがいしますぅ


にほんブログ村 犬ブログ タイニープードルへ
にほんブログ村←「ぽちぽちっ」っとお願いします★
スポンサーサイト


「ちゃぼ」の記憶とママの記憶
我が家の長女「ちゃぼ」

0012_convert_20090512221603.jpg




4月30日午後3時25分

私の腕の中で旅立ちました

享年15歳

0028_convert_20090512220920.jpg


0029_convert_20090512223822.jpg




ちゃぼが逝ってしまい2週間になろうとしてる今

ようやく活字に残せる気持ちになりました。

っというか・・・・

ちゃぼは最後まで私を愛してくれたこと

わたしのこれからの人生のために記しておかなければなりません。




お通夜に来ていただいた皆様

そして温かいコメントをくださった方々に

心よりお礼申し上げます。

ブログでお友達になった皆様にどれだけ支えられたことでしょう

ちゃぼを亡くした私を心配して、いっぱいお外に連れ出してくれたみんなどうもありがとう




そして姪っ子のおねぇちゃんには、ちゃぼに代わってお礼を言わなければなりません

おねぇちゃんにはちゃぼをとっても大事にしてもらいました

毎年恒例でちゃぼのお誕生日は手作りお弁当でお祝いしてくれましたね。

0023_convert_20090512222036.jpg

0022_convert_20090512222009.jpg



今年3月、最後のお誕生日も祝ってくれました

0021_convert_20090512221936.jpg


いつも「ちゃぼ~」と声をかけてくれるのもおねぇちゃんでしたね

亡くなる前日も、ちゃぼがきっとお礼を言いたかったのでしょう、

おねぇちゃんはお家に呼び寄せられるように来てくれるところだったのに

私が留守をしていてちゃぼにおねぇちゃんのお顔を見せてあげられなかった

ちゃぼ、おねぇちゃんごめんね。

最後のちゃぼのお顔を見ながらおねぇちゃんに感謝の気持ちでいっぱいでした。

ありがとう★







ちゃぼと暮らした15年

ビーグル犬という犬種独特の食いしん坊さん

よく冗談で言ったものでした・・・・・

この食欲がなくなるのは、ちゃぼが死ぬ時だよねぇ・・・・なんて・・・・


それが現実のものとなりました

ちゃぼが息を引き取る10日前

急に食が細くなってしまいました。


0027_convert_20090512223752.jpg



1年前まではダイエットフードばかり

ブクブクポニョポニョのちゃぼでした。

でもここ最近かなり痩せてきたので不憫に思い

明日からは食べたいだけ食べさせてあげよう・・・・・と。

皮肉にもその日から食欲が落ちてしまったのです。

スプーン1、2杯ぐらいでしょうか、

少食な5日間、ママは頭を悩ませ色んなものを買い込んでお口まで運びました。

ママはなんて残酷なのでしょう・・・

元気なころなら喜んで食べてくれたであろう、食べたことのない馬肉、甘いおやつ、くだもの・・・

これらの御馳走を食べられなくなってからちゃぼのお口に運ぶママ

でもね、ママも拷問だったよ。


結局少量ながら食べてくれたのは幼いころに与えていたバニラアイスとヤクルト

幼いころの記憶なのかなぁ

そして最後の5日は全く食べてくれずお水すら飲まなくなりました。

あれやこれやとお口に運ぶママも

食べたくないのに無理やり口に入れられるちゃぼも


辛かった・・・・。


プライドの高い彼女、自力でおトイレに行きたかったんだよね

ママは無理してほしくなかったから、何度も何度もお布団の上でチッコしていいよって言ったのに

動けなくなるであろうちゃぼのために大きなシートもいっぱい買いこんだのに

ちゃぼは最後の朝までトイレに這って行った形跡がありました。

最後まで手を煩わさなかったちゃぼ

手を煩わせてほしかったママ





私は自分勝手で、臆病で・・・最低飼い主です!

全く食べなくなってしまったちゃぼを見て

この子の死期を感じました

そして、この子の最後を見届けるのが怖くて怖くてなりませんでした。

わんことの別れは私にとっては未経験、とても耐えられないと・・・・・・

もうすぐこの子との別れがくるのなら、

私が仕事に行っている間に・・などと・・・・・・最低な私。


そんなママにちゃぼは一生の記憶として教えてくれました

30日当日いつものように5時までのお仕事

ふと時計を見ると午後3時をまわってました

妙にちゃぼのことが気になって・・・・・

ちゃぼが苦しんでいるような気がして・・・・・

会社の社長さんにお願いして様子を見にお家に帰りました。

3時20分お家に到着

お家のお部屋の扉を開けることはここ数日恐怖でした

まず最初に見てしまうのはちゃぼのお顔ではなく呼吸が確認できる胸元なのです。

この日も恐る恐る扉を開けました

穏やかに息をしてくれてます。

そして ちゃぼの頭を撫でてやり、食べないとわかってはいてもお口に食べ物を運びました。

うつろな目に固く口を閉じています。

そっと指先に付けたお水をお口に付けてやりました。

朝と変わらず無表情なまま・・・

私の声も、私の顔も解らないんだなぁと思いました。

唯一私の存在を感じてくれているのは、わたしの足音が伝わる床の振動のようでした

「ちゃぼぉ~偉いねぇ~、あと2時間でお仕事終わるから待っててねぇ」と頭を撫でてやり

仕事に戻るため部屋を出ようとしたとき、

ちゃぼは泣いたのです

「ワン!」と鳴くのではなく、悲しそうに「グーっ」と泣いたのです。

全身を振り絞って声をあげているんだろうけどその声はとても小さな声でした。

私は驚き、ちゃぼに近寄り、背中を摩り「どうしたの?」と声をかけると

また2回、か細い声で泣きました

ただならぬ気配で、瞬間ちゃぼを抱きあげました

「ちゃぼ~」「ちゃぼ~」と耳の遠いちゃぼに私がここにいることを伝えるために叫びました。

ちゃぼの体をゆすりました・・・・・その時ちゃぼの呼吸が止まったのです。

私が家に戻って5分と過ぎていません。

彼女は私を呼びよせ、私に臨終に立ち会わせたかったのだろうと思います。

「おかぁさん、ちゃんと傍で見ていて!「ゆめ」や「あずき」のためにももっと強くなって!」

と言われたと確信してます。

私はなんてことを・・・・・・

ちゃぼとの別れが怖くて・・・・

もし、私の思い通り私がいない時にちゃぼが一人で逝ってしまったら

わたしは一生懺悔の気持ちを背負っていたことでしょう

そんな私の心をちゃぼはしっかり読みとってくれ、ちゃぼに救われました。

ちゃぼはそんな優しい子なのです、私が悲しい顔をしたり、泣いていたりすると

必ず私の傍で、私の頬を舐めてくれました。

3頭の中で唯一私の気持ちを感じ取ってくれる子でした。

そんな彼女は苦しい最後の時まで私のことを心配してくれたんだろうと思います。

この日のこの瞬間は人生の中で辛く、苦しく、悲しいしものでした

でもこの瞬間のことは絶対忘れてはいけないと思ってます。


お骨になって帰ってきた「ちゃぼ」

0033_convert_20090512224020.jpg




真っ白でしっかりしたお骨でした。

胃の部分だけは真っ黒の灰になっていて内臓疾患だったのだろうと火葬場で言われました。

15年は大往生してくれたという気持ちもありますが

胃の病だったとしたら延命措置をとらなかった私がちゃぼの寿命を決めてしまったのかもしれません。

いっぱい、いっぱいの後悔を抱えていますが

取り返しのつかない今この気持をどうやって消化していいのかもわかりません。



ちゃぼへ

ちゃぼ、

0002_convert_20090512221049.jpg



ママと共に暮らしてくれた15年

ママもちゃぼも歳とったよねぇ~


0019_convert_20090512221849.jpg



ママの自営業生活の15年、看板犬として支えてくれたんだもんね。

0001_convert_20090512221017.jpg



ママの一番濃い激動の人生を共に生きてくれた戦友だよね。




お店を開店してちゃぼを迎え、15年後お店を閉店してちゃぼが逝っちゃうなんて

ちゃぼは看板犬のために生まれてきたということなの?

そんなちゃぼをママは幸せにしてあげられたのかな?

ママのこといつも見ていてくれたちゃぼ、

虹の橋を渡ってちゃんとお友達と遊べてるのかな?

きっとママが心配で思いっきり遊べなかったりして(^_^;)

まだねぇ、ママの涙は止まらないから心配かけてるね。

だって、「ゆめ」とお揃いの御飯のお皿が1枚しか汚れないんだもん。

流し台に2枚並んでいるとすぐに洗って片付けちゃうけど

1枚だけだとママは洗う気がしないんだぁ~

お仕事終わってお台所に行くと洗ってなかったお皿が1枚

2枚じゃないから涙が出てしまうんだなぁ

寂しいよ~ちゃぼ

0011_convert_20090512221540.jpg





ちゃぼ、憶えてる?

ママの娘になった日・・・・わんちゃん初心者のママのお手手をいっぱいカミカミしたこと

ママはカミカミされるのが痛くて、怖くて泣いてしまいました。


ちゃぼ、憶えてる?

夜 お店が終わってからいっぱい遊んだよね

0004_convert_20090512221148.jpg


0005_convert_20090512221213.jpg


0003_convert_20090512221117.jpg


お店中カケッコして、とってもちゃぼは楽しそうだったよ


ちゃぼ、憶えてる?

ちゃぼが「ゆめ」達を産んでくれてママになったとき

しっかり者のおかぁさんになっちゃって、

0007_convert_20090512221342.jpg


0008_convert_20090512221406.jpg


0006_convert_20090512221237.jpg


0009_convert_20090512221433.jpg


0010_convert_20090512221506.jpg

0024_convert_20090512223615.jpg


そんなちゃぼを見ていたママは少し淋しかったなぁ


ちゃぼ、憶えてる?

「あずき」がお家に来た時、やんちゃな「あず」に慣れなくて無視を決め込んでいたよね

でも「あずき」をチラ見していたお顔は可愛かったよ(*^_^*)

0025_convert_20090512223642.jpg


0017_convert_20090512221823.jpg


0015_convert_20090512221727.jpg


0013_convert_20090512221635.jpg


0020_convert_20090512221912.jpg


0014_convert_20090512221701.jpg


0016_convert_20090512221758.jpg





ちゃぼ、憶えてる?

「ちゃぼ」「ゆめ」「あずき」みんなでお花見してカケッコもしたよね

とっても楽しかったね



ちゃぼはどんなこと憶えてくれてるのかなぁ?

きっと、ママが鬼のように怒ってるお顔かなぁ

ちゃぼがワンワンうるさいとき・・・・盗み食いでママの「ギョーザ定食」完食したとき・・・

100円ライター分解したとき・・・・・ママ怖かったでしょう~

まっ、それもママとの15年の思い出だもんね。

忘れてほしいけど仕方ないかぁ(^_^;)

でもね、一つだけお願いだけど

30日の最後の日のことだけは忘れてください。

辛く苦しい最後の日

ママとお別れの切ない日



その代りママがこの日のことはしっかり憶えているから。

絶対忘れないからね。

ちゃぼが教えてくれたあの日のこと絶対絶対忘れないからね。

「ゆめ」や「あずき」のために、おバカなママのために教えてくれてありがとう★



今、ここにはいない「ちゃぼ」

肉体に触れられなくなって思うこと、

ちゃぼはママにとって可愛い娘だけど

実際は、ちゃぼがママのおかぁさんのようでした

いつもいつも、私のことを見ていてくれて、一番我慢強い子で、

人間の言葉もよく理解しているような優しくて賢い子・・・・

ママよりしっかりしていた気がします。

そして美人さんだし(*^_^*)



これからは、ちゃぼが虹の橋で安心して遊べるようにしないとね。

ちゃぼを見送ってポッカリ心に穴があいたような脱力感だけど

ママには病気と闘う「ゆめ」と「あずき」がいるからね。

この子達を守ってあげないといけないから・・・・・。

この子達に私が守られてるのかな?

お天気続きの中「ゆめ」と「あずき」でゆっくりのんびりお散歩してみました。

0032_convert_20090512223952.jpg

しっかり自分の体を支えられない「ゆめ」

0031_convert_20090512223917.jpg



階段は「あずき」をカバンに入れて「ゆめ」を抱っこして・・・

ママも「ゆめ」もかなり必死です(^_^;)

去年は3頭引きが当たり前、今は2頭・・・・やっぱり寂しいです。

でも笑わせてくれるのがこのコンビ

0030_convert_20090512223848.jpg

どっちが年上なんだか・・・(笑)



2か月ぶりのトリミングに行きました。

0036_convert_20090512224141.jpg


今回はハートを背中に残してもらいました。

0035_convert_20090512224110.jpg


このハートはちゃぼへの「愛」と「感謝」です。



今後とも「あずきファミリー」をよろしくお願いします★

0034_convert_20090512224045.jpg



にほんブログ村 犬ブログ タイニープードルへ
にほんブログ村












Copyright © トイプードル ★あずき★ ~あなたの瞳に映るもの~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。